「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 からこっそり独立した

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれる拡張子辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるLinuxコマンド辞典

arp

何するコマンド?

ARPテーブルを表示・設定するときに使うコマンド。

ARPは「IPアドレスからMACアドレスを調べる仕組み」ね。
つまりIPアドレスとMACアドレスの対応を確認したり編集したりするためのコマンドが「arp」コマンドです。


書き方

arp [オプション]



オプション

オプション説明
-v詳細情報も表示する
-nホストポートユーザ名を数字で表示する?よく分からん
-H 【種別】ARPキャッシュを読み書きするとき、どのクラスを対象にするか指定する?よくわからん
-aARPテーブルの内容を表示する
-a 【IPアドレス】指定したIPアドレスの情報を表示する
-d 【IPアドレス】指定したIPアドレスの情報を削除する
-Dインターフェイス「ifa」のハードウェアアドレスを使う?なにそれ。多分「どのインターフェイスに関連する情報をあれこれするの?」という意味だと思うけどよく分からん
-eLinuxの初期スタイルで表示するらしい。見た目を整える感じ?
-iインターフェイスを選択するらしい。よく分からん
-s 【IPアドレス】 【MACアドレス】IPアドレスとMACアドレスの対応を追加する
-f【ファイル名】設定する情報をファイルから読み込む。ファイルの内容を使って「-s」オプションを一括で実行するイメージ

補足事項

ぶっちゃけよく分からないオプションもあったりするのですが

arp -s 【IPアドレス】 【MACアドレス】

が追加で

arp -d 【IPアドレス】

が削除で

arp -a

が表示ということを覚えておけば、最低限使うことはできます。
あとは余裕がでてきたら、自分がよく使うものから順に徐々に覚えていけば良いと思いますよ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク