「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 からこっそり独立した

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれる拡張子辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるLinuxコマンド辞典

adduser

何するコマンド?

ユーザを追加するときに使うコマンド。



書き方

adduser [オプション] [ユーザ名]



オプション

■Ubuntu

オプション説明
--home【ディレクトリホームディレクトリを指定する
--shell【シェルログインシェルを指定する
--no-create-homeホームディレクトリを作成しない
--uid【ユーザID】ユーザIDを指定する
--firstuid【ユーザID】FIRST_UIDを指定するらしい。よく分からん
--lastuid【ユーザID】LAST_UIDを指定するらしい。よく分からん
--gecosよく分からん
--group【グループ】ログインした際のグループを指定する
--ingroup【グループ】ユーザをグループに追加するらしい。よく分からん
--gid【グループID】グループIDを指定する
--disabled-passwordパスワードを無効にする
--disabled-loginユーザのアカウントをロックする
--add_extra_groups【グループ】ユーザをなんかのグループに追加するらしい。よく分からん
--encrypt-homeよく分からん
--systemシステムユーザを作成する

■FreeBSD

オプション説明
-d【ディレクトリ】ホームディレクトリを指定する
-f【ファイル作成するユーザの一覧をファイルから取得する
-g【グループ】ログインした際のグループを指定する
-hヘルプを表示する
-k【ディレクトリ】ユーザのホームディレクトリにコピーするファイルのあるディレクトリを指定する
-m【ファイル】新規に作成したユーザに【ファイル】に書かれたメッセージを送る
-q画面にあれやこれやと表示しない
-s【シェル】ログインシェルを指定する
-u【ユーザID】ユーザIDを指定する
-w【種別】パスワードの種別を指定する
 →「-w no」:パスワードを無効にする
 →「-w none」:パスワードを空にする
 →「-w yes」:ユーザが指定したパスワードを使用する
 →「-w random」:乱数を使用する
-C設定ファイルを作成する
-Dホームディレクトリを作成しない
-Eユーザのアカウントをロックする
-G【グループ】ログイングループ以外の所属グループを指定する
-Lデフォルトのログインクラスを指定するらしい。ログインクラスって何?よく分からん
-Nデフォルトの設定ファイルを読み取らない
-S指定されたシェルの存在や妥当性を検証しない

補足事項

Redhat系の「adduser」は「useradd」のシンボリックリンクです。
CentOSとかを使っている人は「useradd」コマンドの解説をご覧ください。

「adduser」コマンドを実行すると、コンピュータさんが「へーい、パスワードは何にしたいんだい?」とか訊いてくれます。

ちなみにFreeBSDでは引数にユーザ名は指定できないようです。

adduser [オプション]

を実行してから「へーい、どんな名前のユーザを作りたいんだい?」な質問に答えろってことですね。

あと詳しくは分からないですが「adduser」は「useradd」のラッパー的なコマンドなのだそうな。
「adduser」の質問にあれやこれやと答えると、その情報を整理して「useradd」コマンドを呼び出してくれるっぽいです。
「useradd」と人間様の通訳みたいなイメージですかね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク