「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 からこっそり独立した

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれる拡張子辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるLinuxコマンド辞典

cat

何するコマンド?

ファイルの中身をくっつけて表示するときに使うコマンド。



書き方

cat [オプション] [対象のファイル(複数指定可)]



オプション

オプション説明
-b各行の先頭に行番号を表示する(空行以外)
-e行の最後に「$」を表示する
-n各行の先頭に行番号を表示する
-s連続する複数の空白行を1つにまとめる。要は改行が3つ以上連続であっても2つにしちゃうよ~ってこと
-tタブを「^I」置き換えて表示する
-v 改行とタブ以外の制御文字(特別な意味を持つ文字)を表示する
-Aすべての制御文字を表示する
-E行の最後に「$」を表示する
-Tタブを「^I」置き換えて表示する

補足事項

対象のファイルを指定しないで

cat [オプション]

と打った場合、画面からの入力を待ちます……が、どんな使いどころがあるのかはよく分かりません。

「cat」コマンドは対象のファイルを1つだけ指定して、ファイルの中身を確認するコマンドとして使用することも可能です。
ですが、それが「cat」コマンドの真の力ではありません。
ファイルの中身を見るだけであれば「less」コマンドや「more」コマンドの方が有用ですよ。

「cat」コマンドが真の力を発揮するとき、それは複数のファイルを合体させたいときです。
例えば「aaa.txt」と「bbb.txt」を合体させた「ccc.txt」を作りたいな~という場合は

cat aaa.txt bbb.txt > ccc.txt

と打てば出来上がりです。
とっても簡単ですね。

「cat」コマンドが本領発揮するのは複数ファイル登場する場合です。
できれば覚えておいてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク