[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問7

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ID他の人と区別するための番号

問題


問題文
組織の所属者全員に利用者IDが発行されるシステムがある。利用者IDの発行・削除は申請に基づき行われているが,申請漏れや申請内容のシステムへの反映漏れがある。資料A,Bの組合せのうち,資料Aと資料Bを突き合わせて確認することによって,退職者に発行されていた利用者IDの削除漏れが最も確実に発見できるものはどれか。
ピヨ意訳:辞めた人に割り当てていたから無効になっているべきIDなんだけど、申請漏れとか反映漏れでまだ有効になっているIDを見つけたいよ。どの資料を見比べるのが一番確実に見つけられる方法かな?

解答選択肢
【資料A】組織の現在の所属者の名簿 【資料B】退職に伴う利用者IDの削除申請書
ピヨ意訳:「組織にまだいる人の名簿」と「無効申請したIDが分かる情報」
【資料A】退職者の一覧 【資料B】組織の現在の所属者の名簿
ピヨ意訳:「辞めた人の一覧」と「組織にまだいる人の名簿」
【資料A】利用者IDとそれが発行されている者の一覧 【資料B】組織の現在の所属者の名簿
ピヨ意訳:「有効なID&そのIDを使っている人の一覧」と「組織にまだいる人の名簿」
【資料A】利用者IDとそれが発行されている者の一覧 【資料B】退職に伴う利用者IDの削除申請書
ピヨ意訳:「有効なID&そのIDを使っている人の一覧」と「無効申請したIDが分かる情報」


正解までのつなぎ

正解


正解
【資料A】利用者IDとそれが発行されている者の一覧 【資料B】組織の現在の所属者の名簿
ピヨ意訳:「有効なID&そのIDを使っている人の一覧」と「組織にまだいる人の名簿」

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


クイズみたいなものです。
落ち着いて考えてみましょう。

「ア:【資料A】組織の現在の所属者の名簿 【資料B】退職に伴う利用者IDの削除申請書」の資料の組み合わせから分かるのは

1.いる人
2.無効申請したID


です。
そもそも、2つの資料を紐付ける要素がありませんね。
削除漏れは拾えません。
間違いです。

「イ:【資料A】退職者の一覧 【資料B】組織の現在の所属者の名簿」の資料の組み合わせから分かるのは

1.辞めた人
2.いる人


です。
分かるのは、その組織に「所属したことがある人」です。
そもそもIDの話自体が出てきていませんよね。
削除漏れは拾えません。
間違いです。

「ウ:【資料A】利用者IDとそれが発行されている者の一覧 【資料B】組織の現在の所属者の名簿」の資料の組み合わせから分かるのは

1.有効なIDと使用者
2.いる人


です。
1の資料に載っているピヨ太君が2の資料に載っていなかったら、どうでしょう?
ピヨ太君のIDは有効になっています。
ピヨ太君は、もう辞めています。

あれ?
辞めているのにIDが有効になっていますね。

削除漏れが拾えました。
正解です。

「エ:【資料A】利用者IDとそれが発行されている者の一覧 【資料B】退職に伴う利用者IDの削除申請書」の資料の組み合わせから分かるのは

1.有効なIDと使用者
2.無効申請したID


です。
はい、これが引っかけ選択肢です。
問題文の

申請漏れや申請内容のシステムへの反映漏れがある。

に注目してください。

「利用者IDを発行してよ!」の申請に対しては

1.発行申請して発行された
2.発行申請して発行するのを忘れた
3.そもそも発行申請するのを忘れた


の3つの状態があると言っています。
同じように、無効申請に対しては

1.無効申請して無効化された
2.無効申請して無効化するのを忘れた
3.そもそも無効申請するのを忘れた


の3つの状態があります。

今回見つけたいのは「削除漏れ」なので、発行の話は忘れてください。
無効化の話です。

削除漏れの状態(無効化するのを忘れた状態)としては

2.無効申請して無効化するのを忘れた
3.そもそも無効申請するのを忘れた


の2つがあります。

それを踏まえて選択肢「エ:【資料A】利用者IDとそれが発行されている者の一覧 【資料B】退職に伴う利用者IDの削除申請書」の資料

1.有効なIDと使用者
2.無効申請したID


に戻ります。

あれ?
ピヨ太君のID「piyota」が有効になっているよ。
でも、ID「piyota」の無効申請書もあるよ?
という事態はあり得ます。

よって

2.無効申請して無効化するのを忘れた

は見つけられます。

ただし

3.そもそも無効申請するのを忘れた

は見つけられません。

よって「エ:【資料A】利用者IDとそれが発行されている者の一覧 【資料B】退職に伴う利用者IDの削除申請書」は間違いです。
「ダメじゃ~ないんだけど、考慮漏れがあるんだよね~」な選択肢だからです。


スポンサーリンク