[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問49

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
共通フレームシステム開発において、みんなで足並みを揃えるための指針のひとつ

問題


問題文
共通フレームによれば,企画プロセスにおいて明確にするものはどれか。
ピヨ意訳:「共通フレーム」っていうガイドラインの中で登場する「企画プロセス」で決めるべきことは、どれ?

解答選択肢
新しい業務の在り方や手順,入出力情報,業務上の責任と権限,業務上のルールや制約などの事項
ピヨ意訳:業務に関するあれこれ
業務要件を実現するために必要なシステムの機能,システムの開発方式,システムの運用手順,障害復旧時間などの事項
ピヨ意訳:(業務内容や運用の観点から見た)システムの中身に関するあれこれ
経営・事業の目的,目標を達成するために必要なシステムに関係する経営上のニーズ,システム化又はシステム改善を必要とする業務上の課題などの事項
ピヨ意訳:システムに関係する経営上のニーズとか、システムで対応すべき業務上の課題とか
システムを構成するソフトウェアの機能及び能力,動作のための環境条件,外部インタフェース,運用及び保守の方法などの要求事項
ピヨ意訳:(プログラムの観点から見た)システムの中身に関するあれこれ


正解までのつなぎ

正解


正解
経営・事業の目的,目標を達成するために必要なシステムに関係する経営上のニーズ,システム化又はシステム改善を必要とする業務上の課題などの事項
ピヨ意訳:システムに関係する経営上のニーズとか、システムで対応すべき業務上の課題とか

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


あ~、これは知識問題ですね。
共通フレームの中身を理解していれば、サクっと正解できます。

ということで「ウ:経営・事業の目的,目標を達成するために必要なシステムに関係する経営上のニーズ,システム化又はシステム改善を必要とする業務上の課題などの事項」が正解です。

ちなみに、共通フレームの中身を理解していないけど悪あがきをするのであれば、一番「企画」っぽい選択肢を選んでください。

「イ:業務要件を実現するために必要なシステムの機能,システムの開発方式,システムの運用手順,障害復旧時間などの事項」と「エ:システムを構成するソフトウェアの機能及び能力,動作のための環境条件,外部インタフェース,運用及び保守の方法などの要求事項」はシステムの中身の話です。
企画は「何をやろうかなー?」を考えて、その計画を立てることなので、ちょっと方向性が違います。

「ア:新しい業務の在り方や手順,入出力情報,業務上の責任と権限,業務上のルールや制約などの事項」は、ちょっと、それっぽいです。
「ウ:経営・事業の目的,目標を達成するために必要なシステムに関係する経営上のニーズ,システム化又はシステム改善を必要とする業務上の課題などの事項」も、それっぽいです。
どちらが正解か迷いますね。

強いて違いを挙げれば「ア」よりも「ウ」の方が大きな枠組みの話です。
「ア」は業務に関する具体的な話なのに対して「ウ」はシステムによって解決すべきニーズとか課題の話です。

企画段階では、あまり細かいところまで突っ込まないで、全体像を固める方が適切な気がします。
そう考えると、企画段階の作業としては「ウ」の方がふさわしい気がしますね。
きっと「ウ」が正解でしょう。

……というのが、悪あがきで正解を導くやり方です。


スポンサーリンク