[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問46

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
E-R図箱と線で関係性を表現した図
エンティティ実体。E-R図で出てくる箱のこと
リレーションシップ関係性。E-R図で出てくる線のこと
データベースデータを入れておく箱
関係データベースデータを表形式で管理するデータベース。OracleとかMySQLとかのこと

問題


問題文
E-R図に関する記述として,適切なものはどれか。
ピヨ意訳:E-R図の説明として正しいのは、どれ?

解答選択肢
関係データベースの表として実装することを前提に表現する。
ピヨ意訳:関係データベースを作る際の元ネタにする前提のものだよ
管理の対象をエンティティ及びエンティテイ間のリレーションシップとして表現する。
ピヨ意訳:箱(実体)と箱同士をつなぐ線(実体間の関係性)で表現するよ
データの生成から消滅に至るデータ操作を表現する。
ピヨ意訳:データの一生を表現するよ
リレーションシップは,業務上の手順を表現する。
ピヨ意訳:線の部分は業務上の手順を表しているよ


正解までのつなぎ

正解


正解
管理の対象をエンティティ及びエンティテイ間のリレーションシップとして表現する。
ピヨ意訳:箱(実体)と箱同士をつなぐ線(実体間の関係性)で表現するよ

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


E-R図は箱(エンティティ)と線(リレーションシップ)で関係性を表現した図です。
よって「イ:管理の対象をエンティティ及びエンティテイ間のリレーションシップとして表現する。」が正解です。

ちなみに「ア:関係データベースの表として実装することを前提に表現する。」は「前提に」が間違いです。
E-R図の使いどころはデータベースの設計だけではありません。
例えば、家系図や人物相関図などもE-R図と呼べます。

「ウ:データの生成から消滅に至るデータ操作を表現する。」は全く関係ないですね。
これはデータフロー図の説明です。

「エ:リレーションシップは,業務上の手順を表現する。」は「業務上の手順を表現する」が間違いです。
リレーションシップ(線)が表現するのは、何らかの「関係性」です。
E-R図では関係している箱同士が線で結ばれています。


スポンサーリンク