[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問45

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
クライアントサービスや機能を使う側のコンピュータ
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ
クライアントサーバシステム実務担当の親玉コンピュータと接客担当の子分コンピュータが連携してお仕事をするシステム。もう少し真面目に書くと、サービス提供コンピュータとサービス利用コンピュータが連携してお仕事するシステム
Webブラウザホームページを見るときに使うソフト
アプリケーションOS以外の)ソフトのこと
データベースデータを入れておく箱
ログイン認証して使える状態にすること
アカウント利用者名簿に載っている名前。やって良いよ権限のこと

問題


問題文
クライアントサーバシステムを構築する。Webブラウザによってクライアント処理を行う場合,専用のアプリケーションによって行う場合と比較して,最も軽減される作業はどれか。
ピヨ意訳:実務担当の親玉コンピュータと接客担当の子分コンピュータが連携してお仕事をするシステムを作るよ。子分コンピュータ用のソフトとしてWebブラウザを使う場合、専用のソフトを作るのにくらべて何が楽になるかな?

解答選択肢
クライアント環境の保守
ピヨ意訳:子分コンピュータ側の管理
データベースの構築
ピヨ意訳:データベースの作成
サーバが故障したときの復旧
ピヨ意訳:親玉コンピュータがぶっ壊れたときの復旧
ログインアカウントの作成と削除
ピヨ意訳:子分コンピュータを使える人の管理


正解までのつなぎ

正解


正解
クライアント環境の保守
ピヨ意訳:子分コンピュータ側の管理

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


クライアントサーバシステムでは、実務担当の親玉コンピュータと接客担当の子分コンピュータが連携してお仕事をします。

子分コンピュータ用のソフトとしてWebブラウザを使うメリットは

1.ほとんどのコンピュータに最初から入っているので入れる手間が省ける
2.パソコンだろうとスマホだろうとWebブラウザ自体はほとんど同じなので、コンピュータの種類に左右されにくい
3.Webブラウザは大きく変更されることが少ないし、されても勝手に更新されるので入れ替える手間がかからない


です。
入れたり変更したりの手間が減るし、コンピュータごとの個性も出にくいので、管理が楽になります。

よって「ア:クライアント環境の保守」が正解です。

ちなみに「イ:データベースの構築」と「ウ:サーバが故障したときの復旧」は親玉コンピュータに関する話です。
子分コンピュータ側で動くソフトが専用のソフトだろうとWebブラウザだろうと(一般的な例で考えれば)影響は受けません。

「エ:ログインアカウントの作成と削除」は子分コンピュータ側の話ですが、システムではなく子分コンピュータそのものの管理に関する話です。
自分たちで作ったシステムで使うソフトが専用のソフトだろうとWebブラウザだろうと(一般的な例で考えれば)影響は受けません。


スポンサーリンク