[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問43

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
メールサーバメールに関するあれやこれやの機能を提供してくれるコンピュータ
ディスク円盤状の部品に記憶させる記憶媒体データを記録しておく物)
バックアップぶっ壊れたり失くしたときの備えとして、同じ物を複製して保管しておくこと
フルバックアップ「全部のファイルをバックアップしますよ~」なバックアップのやり方
差分バックアップ「ある時点を基準にして、それ以降に変更されたファイルだけをバックアップしますよ~」なバックアップのやり方
ミラーリング同じデータを(ほぼ)同じタイミングで複数の別の場所に書き込むこと

問題


問題文
メールサーバディスク障害が発生して多数の電子メールが消失した。消失した電子メールの復旧を試みたが,2週間ごとに行っている磁気テープへのフルバックアップしかなかったので,最後のフルバックアップ以降1週間分の電子メールが回復できなかった。そこで,今後は前日の状態までには復旧できるようにしたい。対応策として,適切なものはどれか。
ピヨ意訳:ふぇぇ、大事なデータが消えちゃったよぉ。バックアップは2週間ごとに取っていたけど、最後にバックアップを取った1週間前から今日までのデータが消えちゃったぁ。今後は、せめて前の日までのデータは復活させたいよ。どうすれば良いかな?

解答選択肢
2週間ごとの磁気テープへのフルバックアップに加え,毎日,磁気テープへの差分バックアップを行う。
ピヨ意訳:2週間ごとに全部のファイルをバックアップするよ。それに加えて、毎日、前の日と変わったところをバックアップするよ。バックアップを置く場所は元のデータが入ってるコンピュータとは別のところだよ
電子メールを複数のディスクに分散して蓄積する。
ピヨ意訳:元のデータ自体を複数の場所に分けて保管するよ。
バックアップ方法は今のままとして,メールサーバのディスクをミラーリングするようにし,信頼性を高める。
ピヨ意訳:バックアップのやり方は今まで通りだよ。その代わり、元データを分身させて、片方が壊れても大丈夫なようにするよ
毎日,メールサーバのディスクにフルバックアップを行い,2週間ごとに,バックアップしたデータを磁気テープにコピーして保管する
ピヨ意訳:毎日、全部のファイルをバックアップするよ。バックアップを置く場所は元のデータが入ってるコンピュータの中だよ。それを2週間ごとに別の場所に移すよ


正解までのつなぎ

正解


2週間ごとの磁気テープへのフルバックアップに加え,毎日,磁気テープへの差分バックアップを行う。
ピヨ意訳:2週間ごとに全部のファイルをバックアップするよ。それに加えて、毎日、前の日と変わったところをバックアップするよ。バックアップを置く場所は元のデータが入ってるコンピュータとは別のところだよ

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


例えば、ピヨ太君がピヨピヨ小説を書いているとしましょう。
毎日1ページずつ書いています。

2週間に1回、それまでに書いたピヨピヨ小説全部のコピーをピヨ子さんに送って保管しておいてもらいます。
それに加えて、毎日、その日に書いた1ページ分のコピーをピヨ子さんに送って保管しておいてもらいます。
これが「ア:2週間ごとの磁気テープへのフルバックアップに加え,毎日,磁気テープへの差分バックアップを行う。」のやり方です。

もしピヨ太君の家が火事になって、オリジナルのピヨピヨ小説が燃えてしまっても大丈夫です。
今までに書いたピヨピヨ小説全部(2週間に1回の全部+それ以降の1ページが日数分)をピヨ子さんが保管しています。
今までに書いたピヨピヨ小説全部を復活させられます。

よって「ア:2週間ごとの磁気テープへのフルバックアップに加え,毎日,磁気テープへの差分バックアップを行う。」が正解です。

ちなみに「イ:電子メールを複数のディスクに分散して蓄積する。」は、奇数ページはピヨ太君自身が保管し、偶数ページはピヨ子さんに送って保管しておいてもらうようなやり方です。
ピヨ太君の家が火事になっても、ピヨ子さんが保管している偶数ページは残ります。
ただし、ピヨ太君の家に保管していた奇数ページが、なくなってしまいます。
今までに書いたピヨピヨ小説全部を復活させられません。

「ウ:バックアップ方法は今のままとして,メールサーバのディスクをミラーリングするようにし,信頼性を高める。」は……微妙ですね。
一見すると正しそうな気もします。

2週間に1回、それまでに書いたピヨピヨ小説全部のコピーをピヨ子さんに送って保管しておいてもらいます。
それとは別に、ピヨピヨ小説を1文字書くごとにコピーを作ります。(コピーしたら、前のコピーは捨てます)
これが「ウ」のやり方です。

ミラーリングは言ってしまえば「分身の術」です。
怪我をすると、怪我をした状態で分身します。
「くそぅ、怪我をする前の状態に戻りたいよぉ」と思っても戻れないわけです。

同じように、ピヨ太君が誤字をしても、誤字をした状態がコピーされます。
うっかり全部消してしまっても、消した状態がコピーされます。
「しまった!うっかり全部消してしまった!消す前に戻したい!」と思ってもピヨ子さんに送ったところ(最悪2週間前)までしか戻せません。

ミラーリングは「オリジナルが壊れても大丈夫!」です。
それに対してバックアップは「前の状態に戻せる!」です。
似ていますが、少しだけ違うのです。

問題文の状況であれば、ミラーリングでも対処できる気はするのですけどね。
確実に正解な「ア」があるので、消去法で消してください。
個人的には「ウ」でも間違いとは言い切れないと思っています。

「エ:毎日,メールサーバのディスクにフルバックアップを行い,2週間ごとに,バックアップしたデータを磁気テープにコピーして保管する」のやり方は、毎日、今までに書いたピヨピヨ小説全部をコピーして、ピヨ太君の家の別の部屋に保管しておきます。
2週間に1回、それまでに書いたピヨピヨ小説全部のコピーをピヨ子さんに送って保管しておいてもらいます。
そんなやり方です。

ピヨ太君の家が火事になれば、元のピヨピヨ小説(オリジナル)も別の部屋に置いたコピー(バックアップ)も燃えてしまいます。
残るのは2週間に一回ピヨ子さんに送ったコピーだけです。
つまり、問題文のやり方と、あまり変わりません。


スポンサーリンク