[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問38

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
インシデント「うわっ!ヤバっ!」な状態
コンティンジェンシープランヤバい事態になったときに(被害を抑えるために)どう対処するかの計画
サンプリング何らかのルールに従って、全体の中から一部を取り出すこと
デジタルフォレンジックコンピュータの世界で行う、犯罪の証拠探し
ベンチマーキングお手本と自分を比較しながら改善していくやり方

問題


問題文
インシデントの調査やシステム監査にも利用できる,証拠を収集し保全する技法はどれか。
ピヨ意訳:証拠を集めて保管するやり方を指す用語は、どれ?

解答選択肢
コンティンジェンシープラン
ピヨ意訳:コンティンジェンシープラン(ヤバい事態になったときに、どう対処するかの計画)
サンプリング
ピヨ意訳:サンプリング(何らかのルールに従って、全体の中から一部を取り出すこと)
デジタルフォレンジック
ピヨ意訳:ディジタルフォレンジックス(コンピュータの世界で行う、犯罪の証拠探し)
ベンチマーキング
ピヨ意訳:ベンチマーキング(お手本と自分を比較しながら改善していくやり方)


正解までのつなぎ

正解


正解
デジタルフォレンジック
ピヨ意訳:ディジタルフォレンジックス(コンピュータの世界で行う、犯罪の証拠探し)

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


解答選択肢の用語の意味を知っているかどうかの問題ですね。

「ア:コンティンジェンシープラン」は「ヤバい事態になったときにどう対処するかの計画」です。
災害等のなんかヤバいことが起こったときに対する備えのひとつで、被害を最小限に抑えるための計画です。

「イ:サンプリング」は「何らかのルールに従って、全体の中から一部を取り出すこと」です。
「サンプルを取り出す」と言えば、イメージできますかね。

「ウ:ディジタルフォレンジックス」は「犯罪捜査を目的としてコンピュータの中にあるデータ通信の記録などを調べる手法とか技術とか」です。
日本語で「デジタル鑑識」と表現されたりもします。
コンピュータの世界で行う、犯罪の証拠探しです。

「エ:ベンチマーキング」は「お手本と自分を比較しながら改善していくやり方」です。
経営改善の手法のひとつです。

問題文は「証拠を収集し保全する技法」はどれか聞いています。

「ウ:ディジタルフォレンジックス」が正解です。


スポンサーリンク