[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問36

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
準委任契約労働力を売りますよ!な契約。作業の実施に対して責任と報酬が発生する契約形態
善管注意義務「普通に、ちゃんとやれよ」のこと

問題


問題文
準委任契約の説明はどれか。
ピヨ意訳:準委任契約って、どんなの?

解答選択肢
成果物の対価として報酬を得る契約
ピヨ意訳:完成品に対してお金をもらう契約だよ
成果物を完成させる義務を負う契約
ピヨ意訳:完成させないとダメな契約だよ
善管注意義務を負って作業を受託する契約
ピヨ意訳:普通に考えて無茶じゃない範囲の責任は負う前提で作業を受ける契約だよ
発注者の指揮命令下で作業を行う契約
ピヨ意訳:お客さまの指示に従って作業をする契約だよ


正解までのつなぎ

正解


正解
善管注意義務を負って作業を受託する契約
ピヨ意訳:普通に考えて無茶じゃない範囲の責任は負う前提で作業を受ける契約だよ

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


先に、請負、準委任契約、派遣の違いを見ておきましょう。
表にまとめると、以下のようになります。


種類責任指揮系統
請負成果物の完成自社→自分
準委任契約労働力の提供自社→自分
派遣労働力の提供お客さま→自分

請負契約は「成果物の完成」に対して費用が支払われます。
お客さまが「ケーキを作って」とお願いしたのであれば「できあがったケーキ」に対して、お金が支払われるのです。

それに対して、準委任契約や派遣は「労働力の提供」に対して費用が支払われます。
お客さまが「ケーキを作って」とお願いしたのであれば「ケーキを作る行為」に対して、お金が支払われるのです。

また、請負契約や準委任契約の指揮系統は「自社→自分」です。
お客さまの指揮下に入るわけでは、ありません。

それに対して、派遣の指揮系統は「お客さま→自分」です。
お客さまの指揮下に入ります。

それを踏まえて、それぞれの選択肢を見ていきましょう。

「ア:成果物の対価として報酬を得る契約」は請負契約の説明です。
準委任契約の場合は、労働力の提供に対して報酬を貰います。

「イ:成果物を完成させる義務を負う契約」も請負契約の説明です。
準委任契約の場合は、完成するか否かがポイントでは、ありません。
「依頼された作業をやったか」がポイントです。
依頼された作業をやった結果、お客さまの作りたかったものが完成しなくても知ったこっちゃありません。

「ウ:善管注意義務を負って作業を受託する契約」は準委任契約の説明です。

ちなみに善管注意義務は、大雑把に言えば「普通に考えて無茶じゃない範囲の責任は負う義務」ね。
例えば、プロフェッショナルだって言うから作業を頼んだのに本当はド素人で、その結果としてメチャクチャなものができあがって、そのくせ「作業したんだから、お金を払ってよ!」と言われたら、お客さま側としてはイラッ!としますよね。
「そんなことにはならないよ。客観的に見て『プロなら、これくらいはできるよね?』な範囲のことは、きっちりやるよ!」な約束(義務)が善管注意義務です。

まぁ、当たり前のことですけどね。
「善管注意義務」という用語が登場するのは主に準委任契約の場合です。
これが請負契約だと「瑕疵担保責任」というやつに変わります。
瑕疵担保責任の意味は「仕事にミスがあったら何らかの形で埋め合わせをする責任」です。

「エ:発注者の指揮命令下で作業を行う契約」は派遣の説明です。
準委任契約の場合は、お客さまではなく自社の上司とか先輩とかの指揮命令下で作業を行います。

ということで「ウ:善管注意義務を負って作業を受託する契約」が正解です。


スポンサーリンク