[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問31

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
インターネットサービスプロバイダあなたの使っている回線とインターネットの世界をくっつけてくれる業者さん
プロバイダインターネットサービスプロバイダのこと
電子掲示板インターネットの世界の掲示板のこと

問題


問題文
プロバイダ責任制限法において,損害賠償責任が制限されるプロバイダの行為に該当するものはどれか。ここで,"利用者"とはプロバイダに加入してサービスを利用している者とする。
ピヨ意訳:「プロバイダ責任制限法」という法律において「あー、それはプロバイダさんは悪くないから。損害賠償しなくて、いーよ」になる例は、どれか。ちなみに、ここでいう「利用者」は「プロバイダのサービスを利用する人」の意味ね

解答選択肢
契約書に記載した利用者の個人情報を,本人の同意を得ずに関連会社に渡した。
ピヨ意訳:お客さまの個人情報を、同意を得ないで関連会社に渡した。
他のプロバイダに移転する利用者に対して,不当に高い違約金を請求した。
ピヨ意訳:サービスを乗り換えようとしたやつに「違約金100億円払え」のような無茶なことを言った
利用者の送信メールの内容を盗聴し,それを興味本位で他人に伝えた。
ピヨ意訳:お客さまが送ったメールの内容を盗聴して、その内容を他の人に教えた
利用者の電子掲示板への書込みが,他人の権利を侵害しているとは知らずに放置した。
ピヨ意訳:お客さまが法律に触れるようなことを電子掲示板に書いたんだけど、気付かなかったから放置した


正解までのつなぎ

正解


正解
利用者の電子掲示板への書込みが,他人の権利を侵害しているとは知らずに放置した。
ピヨ意訳:お客さまが法律に触れるようなことを電子掲示板に書いたんだけど、気付かなかったから放置した

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


私は「プロバイダ責任制限法って何?美味しいの?」な人ですけどね。
国語力で解ける問題でした。

ポイントは「損害賠償責任が制限される」です。
これは「損害賠償しなくて、いーよ!」と言っています。
つまり

損害賠償しなくて良さそうな内容 = 悪くなさそうなこと・仕方なさそうなこと = 怒られなさそうなこと

を選べば正解するはずです。

それを踏まえて、選択肢を見ていきましょう。

「ア:契約書に記載した利用者の個人情報を,本人の同意を得ずに関連会社に渡した。」は個人情報の横流しです。
やったのがバレたら怒られそうですね。
悪いことなので、多分、間違いです。

「イ:他のプロバイダに移転する利用者に対して,不当に高い違約金を請求した。」は理不尽な要求をしています。
普通に考えたら、許されなさそうですね。
悪いことなので、多分、間違いです。

「ウ:利用者の送信メールの内容を盗聴し,それを興味本位で他人に伝えた。」は、そのまんま盗聴です。
悪いことですね。
盗聴したのがバレたら、怒られます。
間違いです。

「エ:利用者の電子掲示板への書込みが,他人の権利を侵害しているとは知らずに放置した。」は、悪いことをしているのはお客さまです。
「別にプロバイダさんが悪いことをしたわけじゃないし、知らなかったなら仕方ないんじゃない?」という気もします。
選択肢「ア」~「ウ」は間違ってるっぽいので、消去法で考えても「エ」が正解じゃないですかね。

答えをカンニングしたところ「エ:利用者の電子掲示板への書込みが,他人の権利を侵害しているとは知らずに放置した。」が正解でした。


スポンサーリンク