[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問2

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

問題


問題文
リスクの顕在化に備えて地震保険に加入するという対応は,JIS Q 31000:2010に示されているリスク対応のうち,どれに分類されるか。
ピヨ意訳:地震保険に加入するのは、選択肢のどれに該当する?

解答選択肢
ある機会を追求するために,そのリスクを取る又は増加させる。
ピヨ意訳:虎穴に入らずんば虎子を得ず!尻込みしていたら幸せはやってこないよ
一つ以上の他者とそのリスクを共有する。
ピヨ意訳: 一蓮托生だー!もしものときは助けておくれ
リスク源を除去する。
ピヨ意訳:悪臭は元から断つべし!原因をなくせば安心できるべ
リスクを生じさせる活動を開始又は継続しないと決定することによって,リスクを回避する。
ピヨ意訳:君子危うきに近寄らず!危なそうなことは止めておこう


正解までのつなぎ

正解


正解
一つ以上の他者とそのリスクを共有する。
ピヨ意訳: 一蓮托生だー!もしものときは助けておくれ

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


地震保険は「地震が起きて、家が壊れたり、怪我をしたりしたら、お金をおくれ」な保険です。
もっと、ざっくり言えば「俺が困ったら助けろ!」です。

よって「イ:一つ以上の他者とそのリスクを共有する。」が正解です。

ちなみに「ア:ある機会を追求するために,そのリスクを取る又は増加させる。」は、例えば「設備投資するとお金が減るけど、もっと儲けるためにはお金を使わないとな~」です。
お金が減るリスクを取って、儲ける機会を追及するわけです。

「ウ:リスク源を除去する。」は「地震が起きたらイヤだから、地球を消滅させようぜー!」な考え方です。
ある意味、男らしい対処方法ですね。

「エ:リスクを生じさせる活動を開始又は継続しないと決定することによって,リスクを回避する。」は「見えてる地雷は踏みに行かないよ!」です。


スポンサーリンク