[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問20

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
CAPTCHAホームページの世界における「おまえ、人間?」を確認する仕組み
QRコード正方形なバーコードっぽいやつ
URLホームページの住所
短縮URLURLに短いあだ名を付けてやるぜサービス、もしくは、そのサービスで付けられた短いあだ名
トラックバックリンク張ったよーとリンク先にお知らせする機能
トラックバックpingリンクを張ったことをお知らせするビーム

問題


問題文
人間には読み取ることが可能でも,プログラムでは読み取ることが難しいという差異を利用して,ゆがめたり一部を隠したりした画像から文字を判読して入力させることによって,プログラムによる自動入力を排除するための技術はどれか。
ピヨ意訳:人間には簡単にできるけどプログラムには難しいことをやらせて、プログラムによる自動入力を防ぐための技術は、どれ?

解答選択肢
CAPTCHA
ピヨ意訳:CAPTCHA(ホームページの世界における「おまえ、人間?」を確認する仕組み)
QRコード
ピヨ意訳:QRコード(正方形なバーコードっぽいやつ)
短縮URL
ピヨ意訳:短縮URL(URLに短いあだ名を付けてやるぜサービス、もしくは、そのサービスで付けられた短いあだ名)
トラックバックping
ピヨ意訳:(リンクを張ったことをお知らせするビーム)


正解までのつなぎ

正解


正解
CAPTCHA
ピヨ意訳:CAPTCHA(ホームページの世界における「おまえ、人間?」を確認する仕組み)

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


解答選択肢の用語の意味を知っているかの問題ですね。

「ア:CAPTCHA」は、ホームページの世界における「おまえ、人間?」を確認する仕組みです。
画像の中に書いてある文字や数字を入力させたり、画面上にある図形を特定の位置に移動させたりすることで、人間かプログラムかを判定します。
もしプログラムだったら、そこから先には進めないようになっている仕組みです。

「イ:QRコード」はバーコードの仲間です。
専用の機械でピッ!とやると中の情報を読み取れます。

「ウ:短縮URL」はURLにあだ名を付けるサービス、もしくは、そのサービスによって付けられたあだ名です。
長ったらしいURLの代わりに短いあだ名を付けることで、人に紹介するときの文章をスッキリさせる効果があります。
Twitterのように入力文字数に制限がある媒体なんかで活用されています。

「エ:トラックバックping」は、リンクを張ったことをお知らせするビームです。
リンク張ったよーとリンク先にお知らせする機能を「トラックバック」と言います。
トラックバックしたことを知らせる信号です。

問題文は「プログラムにはできないことをさせるのは、どれよ?」と聞いています。
プログラムにはできないことをさせて、操作しているのがプログラムか人間かを判断するのです。

ということで「ア:CAPTCHA」が正解です。


スポンサーリンク