[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問16

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ
メールサーバメールに関するあれやこれやの機能を提供してくれるコンピュータ
SPF「このメールアドレスのメールは、このメールサーバから送られま~す」とあらかじめ宣言しておくことで、メールの送信元をチェックできるようにする仕組み
HTTPインターネットをするときに使われるお約束事
LAN狭い範囲で作られるネットワーク。インターネットじゃないネットワーク
なりすまし他の人のふりをすること

問題


問題文
SPF(Sender Policy Framework)を利用する目的はどれか。
ピヨ意訳:SPFってのは何のために使うの?

解答選択肢
HTTP通信の経路上での中間者攻撃を検知する。
ピヨ意訳:インターネットの線を見張って悪いやつを見つけるため
LANへのPCの不正接続を検知する。
ピヨ意訳:許可されていないパソコンがネットワークに接続してきたら見つけるため
内部ネットワークへの不正侵入を検知する。
ピヨ意訳:内輪なネットワークへの侵入者を見つけるため
メール送信元のなりすましを検知する。
ピヨ意訳:メールの送信元を誤魔化しているやつを見つけるため


正解までのつなぎ

正解


正解
メール送信元のなりすましを検知する。
ピヨ意訳:メールの送信元を誤魔化しているやつを見つけるため

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


SPFというのは、メールの送信元をチェックするための仕組みです。
SPFの詳細は用語「SPF」の説明を、ご覧ください。

ということで「エ:メール送信元のなりすましを検知する。」が正解です。


スポンサーリンク