[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出典:平成28年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験(SG) 午前 問14

difficulty難易度設定
スポンサーリンク

予備知識


用語意味
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ
バックドアコンピュータの設定を変えたり、変なプログラムを仕込んだりして、こっそり後から侵入するための入口が作られている状態
ツールパソコンさんを使う上で、便利にしてくれるちょっとしたプログラムやソフトウェアのこと
パッケージ関連する何かをひとまとめにしたもの
RFIDデータが入っている部品とそれを読み書きする機械がビビビー!な電波を通じてやり取りする技術
rootkit不正侵入するときに使えるソフトの詰め合わせ
TKIPよく「WPA無線LANにおける通信内容を暗号化するやり方のひとつ)に採用されている」と説明される暗号化のやり方
web beaconアクセス解析目的でホームページに配置した画像(の振りをしたプログラム)

問題


問題文
サーババックドアを作り,サーバ内で侵入の痕跡を隠蔽するなどの機能をもつ不正なプログラムツールパッケージはどれか。
ピヨ意訳:他のコンピュータに不正侵入するための侵入口を作ったり侵入の痕跡を消したりするプログラムやソフトの詰め合わせは、どれ?

解答選択肢
RFID
ピヨ意訳:RFID(データが入っている部品とそれを読み書きする機械が電波ビビビーでやり取りする技術)
rootkit
ピヨ意訳:rootkit(不正侵入するときに使えるソフトの詰め合わせ)
TKIP
ピヨ意訳:TKIP(WPAってやつで採用されている暗号化のやり方)
web beacon
ピヨ意訳:web beacon(アクセス解析目的で配置する画像)


正解までのつなぎ

正解


正解
rootkit
ピヨ意訳:rootkit(不正侵入するときに使えるソフトの詰め合わせ)

スポンサーリンク

ピヨピヨ解説


解答選択肢の用語の意味を知っているかの問題ですね。

「ア:RFID」は、データが入っている部品とそれを読み書きする機械がビビビー!な電波を通じてやり取りする技術です。
みなさんが電車に乗るときに使う「ピッ!」ってやるカードとかに使われています。

「イ:rootkit」は「不正侵入したら、あんなことやこんなことをするのは必須でしょ?それをいちいち手動でやるのは面倒だと思うから自動でやってくれるツールたちを用意したぜ、ほれ」なツールの詰め合わせです。
悪い人たちの互助精神の結晶ですね。

「ウ:TKIP」は無線LANにおける暗号化のやり方のひとつです。
WPAと呼ばれる規格で採用されている暗号化のやり方です。

「エ:web beacon」は、ホームページに埋め込む「画像」や「画像の振りをしたプログラム」です。
そのホームページを見た人の情報を取得する目的で埋め込みます。

問題文は「不正侵入するための入口を作ったりするソフトの詰め合わせは、どれよ?」と聞いています。

ということで「イ:rootkit」が正解です。


スポンサーリンク