[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「独自ドメイン」と「サブドメイン」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ドメインドメイン名」のこと。あるいは、何らかの「領域」を指す言葉
ドメイン名IPアドレスに付けた人間様向けの名前
IPアドレスインターネットをするときにコンピュータに割り当てられる住所

それぞれの用語の意味


用語意味
独自ドメインお金を払って取得した自分用のドメイン名
サブドメインドメインをもっと細かく分けたドメイン名

似ているところ


どちらも、ドメイン名です。


違うところ


・独自ドメインは自分専用のドメイン名です。サブドメインは、誰か(自分含む)のドメイン名の一部を間借りしたドメイン名です。
・独自ドメインは普通はお金を払って取得します。サブドメインは無料で貸してもらえることが多いです。
・独自ドメインは自分で好きに作ったり使ったりすることはできません。全世界的に統一で管理されています。サブドメインは自分で好きに作って使うことができます。自分の持っているドメイン配下であれば、好きなだけ増やせます。
・ちょっと違いますが、独自ドメインは宛名が「ピヨピヨ太郎」のイメージです。サブドメインは「ピヨピヨ太郎様方 ピヨ子様」のイメージです。

他にもいろいろありますが、キリが無いのでこれくらいにしておきます。
実は、独自ドメインとサブドメインは、単純に比較できるほど近い存在ではありません。ミカンとサンマくらい大きく違います。
ホームページブログ関連で「独自ドメイン」「サブドメイン」という言葉が出てきた場合は、独自ドメインが「自分で取得して持ち込むドメイン名」、サブドメインが「サービス提供者の持っているドメイン名の一部を間借りしたドメイン名」くらいの解釈で大丈夫だと思います。


備考


よく分からない人には「独自ドメインを分割したのがサブドメイン」くらいのゆる~い感じで、説明するようにしています。


スポンサーリンク