[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「関数」と「メソッド」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
オブジェクト指向「モノ(どんな奴でどう動く)」に注目した考え方
オブジェクト

それぞれの用語の意味


用語意味
関数何かを入れると何かを計算して何かを返してくれる「プログラムの部品」
メソッドオブジェクト指向における「操作」を定義したもの

似ているところ


どちらも何か(引数)を入れると処理をして何か(戻り値)を返してくれます。


違うところ


やってること自体は大差ありません。概念としては違います。
メソッドはオブジェクト指向で登場する言葉で、オブジェクトの動作を定義したものです。まずオブジェクトありきなのですね。
一方の関数は、オブジェクト云々は関係ありません。


個人的な使い分け


Javaで登場する関数は「メソッド」です。C言語で登場する関数は「関数」と呼んでいます。

「じゃあ、PHPだったら?」と訊かれそうですね。

オブジェクト指向的なプログラミング言語において、オブジェクトの一部として定義されている関数を「メソッド」と呼んでいます。
それ以外、オブジェクトなんて関係ねーぜーな関数は「関数」呼びです。


備考


よく分からなければ「オブジェクトの中にある関数がメソッド」と考えても構いません。


スポンサーリンク