[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「プログラミング」と「コーディング」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
プログラム人間様の代わりにコンピュータさんにあれこれ命令してくれる奴
ソースコード人間語で書いたプログラムの元ネタ
デバッグ不具合の原因を探して直すこと

それぞれの用語の意味


用語意味
プログラミングプログラムを作ること
コーディング設計書を元にして実際の物(プログラムとかホームページとか)を作る作業

似ているところ


どちらもプログラムを作る作業を指します。


違うところ


同じ意味で使う場合もありますが、ニュアンスが違います。
プログラミングは、ちょっとした設計やデバッグも含む、プログラムを作る作業全体をざっくりと言い表したものです。
一方のコーディングは、設計書は既にあって、その設計書を元に実際に物を作る作業のみを指すことが多いです。
誤解を招きそうな表現ですが、プログラミングは「考えながら作る」作業で、コーディングは「考えないで作る」作業なニュアンスですかね。

また、プログラミングは文字通りプログラムを作成する場合にのみ使います。
一方のコーディングは、ホームページ制作の現場等でも登場する用語です。


個人的な使い分け


プログラムを作る作業を指す場合、基本的には「プログラミング」を使用しています。
「コーディング」という表現に「頭を使わないで機械的に書く」的なニュアンスを感じるので、あまり好きな表現ではないのです。

ただし、ホームページ関連の実際に物を作る作業は「コーディング」です。こちらは「プログラミング」とは言いません。


スポンサーリンク