[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「CPC広告」と「CPM広告」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
Web広告ホームページメールWebアプリ、あるいは(インターネット上で見られる)動画などにくっついている広告
CPC広告が1回ポチっとクリックされるごとに発生する料金
CPM広告が1,000回表示されるごとに発生する料金

それぞれの用語の意味


用語意味
CPC広告広告のクリックに対して料金が発生するWeb広告
CPM広告広告の表示に対して料金が発生するWeb広告

似ているところ


どちらもWeb広告です。


違うところ


費用の発生する仕組みが違います。
CPC広告は広告のクリックに対して費用が発生します。
クリックされなければ何千回表示されようとお金はかかりません。

CPM広告は広告の表示に対して費用が発生します。
1回もクリックされなくても、広告が表示されれば、その時点でお金がかかります。


備考


CPCは「Cost Per Click」の略です。
CPMは「Cost Per Mille」の略です。


スポンサーリンク