[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ハッカー」と「クラッカー」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
ハッカーコンピュータとかにすっげー詳しくてコンピュータを駆使してなんかいろいろできる人
クラッカーコンピュータを使って悪いことをする人

似ているところ


基本的には、どちらもコンピュータにすっげー詳しい人です。
クラッカーさんの場合はそんなに詳しくない場合もありますが、それでも一定以上の知識は持っているでしょう。


違うところ


ハッカーさんは凄い人です。悪い人もいれば良い人もいます。善悪の含みはありません。
クラッカーさんは悪い人です。コンピュータを使って悪いことをする人です。
ただし、クラッカーの意図で「ハッカー」と呼ぶ人もたくさんいます。


個人的な使い分け


自分が話すときは、コンピュータを使って悪いことをする人はクラッカー、コンピュータ関連の知識や技術がスゴい人はハッカーと使い分けています。
他人が話しているのを聞くときは、使い分けは気にしません。「ハッカー」と言われたら「コンピュータにすっげー詳しくて、その技術を悪用している人」をイメージします。


備考


世間一般ではハッカーとクラッカーを使い分ける人は少数派です。専門家の方は、あまり目くじらを立てないであげてください。


スポンサーリンク