[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ローカル変数」と「グローバル変数」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
変数プログラミング言語における、値を入れておく箱

それぞれの用語の意味


用語意味
ローカル変数使える範囲が決まっている変数
グローバル変数どこからでも使える変数

似ているところ


どちらも変数です。


違うところ


影響範囲が違います。
ローカル変数は使える範囲が決まっている変数です。例えば関数内で宣言した変数はその関数の中でしか使えなかったりですね。
一方のグローバル変数は、どこからでも使える変数です。別の関数からでも中を見たり値を放り込んだりできます。


個人的な使い分け


特別な事情が無い場合はローカル変数を使います。やむを得ない事情がある場合に限り、グローバル変数を使います。


備考


グローバル変数はどこからでも使えて便利な変数ですが、便利であるがゆえに危ない変数でもあります。
例えば、後から追加した処理によって、本当は変わって欲しくない値が変わってしまう場合もあるでしょう。誰かが大事な値を保管していたのにうっかり別の処理で上書きしてしまう場合もあるかもしれません。
特に複数人で一つのプログラムを作っている場合には要注意です。

そのため「ローカル変数で何とかなるところはローカル変数で何とかしましょう」と、プログラミング初心者の方は教えられるはずです。

グローバル変数は、プログラム全体で使用する値で、かつ処理の中で書き換えない値に対して使うのが一般的です。例えば設定ファイルの中身とかですね。


スポンサーリンク