[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「キャメルケース」と「スネークケース」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
キャメルケース単語の先頭を大文字にして繋げる表記方法
スネークケース単語間をアンダースコアで繋げる表記方法

似ているところ


どちらも変数名とかの表記方法です。


違うところ


単純に書き方の違いです。
キャメルケースは「HogeData」のように書きます。
スネークケースは「hoge_data」のように書きます。


個人的な使い分け


基本的には、先人の慣習に従います。
例えば、C言語でプログラムを書くときはスネークケースで「hoge_data」のように書きます。Javaで書くときはキャメルケースで「HogeData」です。
どちらでも良さそうな場合はキャメルケースを使っています。単純にキャメルケースの方が(「_」を入力しない分)打つ文字の量が少なくて済むからです。


備考


キャメルケースのキャメルはラクダの camelです。
大文字の部分がラクダのこぶのように見えるからですってさ。


スポンサーリンク