[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「POP before SMTP」と「SMTP-AUTH」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
メールパソコンさんの世界で普及しているお手紙機能
認証「おまえ誰?」ってのを確認すること
SMTP通信する上でのお約束事の一つで、メール送信に関するお約束事

それぞれの用語の意味


用語意味
POP before SMTP受信できる人だけ送っていーよ」方式のメール送信時の認証方法
SMTP-AUTH「お前の名前を言ってみろ」方式のメール送信時の認証方法

似ているところ


どちらもメール送信時の認証方法です。


違うところ


認証のやり方が違います。
POP before SMTPは「メールの受信ができる人は使って良い人」と判断します。
メールの受信ができるということは、メールアカウントを持っているということです。
メールアカウントを持っているということは変な人じゃないだろう、との判断です。


「POP before SMTP」と「SMTP-AUTH」の違い1

一方のSMTP-AUTHは、IDパスワードを使ってメール送信時に認証します。
皆さんが「認証」と聞いて普通にイメージするであろうやり方です。


「POP before SMTP」と「SMTP-AUTH」の違い2

個人的な使い分け


SMTP-AUTHが使えるならSMTP-AUTHを使います。
使えないなら仕方ないのでPOP before SMTPを使います。


備考


歴史的背景として、元々メール送信に認証機能はありませんでした。
誰でも好きなメールを好きなだけ送れちゃったのです。

ですが、これだとイタズラメールが送り放題です。
マズイですよね?

そこでメール送信時に認証させることにしました。
でも、一から仕組みを作るのは大変です。

おっと、そういえばメールを受信しているときに認証しているじゃないですか。
メールを受信するときはIDとパスワードを使って認証を行い、認証OKだった人にだけメールを受信させています。

よし、その仕組みにタダ乗りしよう。

そして生まれたのがPOP before SMTPです。

POP before SMTPでは、まずメール受信操作を行います。
それからメールを送信することで「メール受信の認証でOKだった人だね。じゃあ多分悪い人じゃないからメールを送っても良いよ」と判断されるのです。

これでしばらくはやっていたのですが、やっぱり問題が出てきましてね。
「仕方ない!面倒くさいけどメールを送信するとき用の認証機能を作るか!」となりました。

そして生まれたのがSMTP-AUTHです。

仕組みとしては単純にIDとパスワードで認証するだけです。難しいことは何もありません。
ただ、今まで横着して誤魔化し誤魔化しやっていただけに、なんか新しい技術のように見えるのです。

流れとしては

メール送信時の認証が無かった
 ↓
横着してメール受信時の認証機能を借りるべ(POP before SMTP)
 ↓
やっぱ駄目そうだからメール送信時の認証機能をつけるべ(SMTP-AUTH)


となります。


スポンサーリンク