[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「POP3」と「IMAP」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
メールパソコンさんの世界で普及しているお手紙機能
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ
メールサーバメールに関するあれやこれやの機能を提供してくれるサーバ
通信プロトコル通信する上でのお約束事

それぞれの用語の意味


用語意味
POP3「メールサーバくん、メールのコピーをちょうだい」なメール受信方式
IMAP「メールサーバくん、メールを読み上げてくれたまえ」なメール受信方式

似ているところ


どちらも、メールの受信に関する通信プロトコルです。


違うところ


メールの内容を確認するための手順が違います。
POP3は、メールのコピーをメールサーバからパソコンに持ってきて、パソコン上で確認します。


「POP3」と「IMAP」の違い1

一方のIMAPは、メールサーバの中にあるメールを直接見に行きます。


「POP3」と「IMAP」の違い2

つまり、POP3が自分のお家でコピーを見ているのに対し、IMAPは保管所に行って直接オリジナルを見ているのです。


スポンサーリンク