[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「IPアドレス」と「MACアドレス」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
LANカードLANケーブル(インターネットをするときにパソコンに繋ぐ線)を挿す穴がくっついている、パソコンに合体させる部品

それぞれの用語の意味


用語意味
IPアドレスインターネットをするときにコンピュータに割り当てられる住所
MACアドレスLANカードなどのネットワーク機器に割り当てられた住所

似ているところ


どちらも、ネットワーク上における機器を特定するための情報です。


違うところ


まず、使い道が違います。
IPアドレスは「最終的にどこに届けるか」を表現するときに使う情報です。一方のMACアドレスは「次にどこに届けるか」を表現するときに使います。


「IPアドレス」と「MACアドレス」の違い1

例えばピヨ太君がピヨ子さんに荷物を送ったとしましょう。
荷物の宛先は「ピヨ子」です。
ですが、荷物はピヨ太君の手から直接ピヨ子さんに渡るわけではありません。いくつかの郵便局を経由します。
ピヨ太君は、まず荷物を「東京営業所」に持っていきました。東京営業所ではピヨ太君から受け取った荷物を「神奈川営業所」に送ります。そして神奈川営業所が「ピヨ子」さんに届けます。

このお話において、荷物の「最終的なお届け先」である「ピヨ子」の管理にIPアドレスが使われます。
そして、それぞれの時点での荷物の「次の渡し先」である「東京営業所」「神奈川営業所」「ピヨ子」の管理にはMACアドレスが使われるのです。


「IPアドレス」と「MACアドレス」の違い2

これが一つ目の違いです。使用する目的が違います。

あとは、変更できるかどうかが違います。
IPアドレスは、必要に応じて人間様の手で変更することができます。一方のMACアドレスは、機器にあらかじめ割り当てられたものです。変更することはできません。


備考


理論上はIPアドレスとMACアドレスのどちらか片方だけでも通信は可能なはずです。ただし、どちらか片方しかないとえらい非効率なので、両方あるのだと思います。


スポンサーリンク