[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「PASVモード」と「ACTIVEモード」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
FTPインターネットの線を使ってファイル送受信する仕組み
クライアントサービスや機能を使う側のコンピュータさん
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータさん

FTPでファイルを受け渡すときには、まずFTPする方(クライアント)とFTPされる方(サーバ)の間で二本の糸電話を受け渡します。二本の糸電話は一本が制御用の線です。もう一本がデータ転送用の線です。このうちデータ転送用の線をどちらから渡すかに関するお話です。


それぞれの用語の意味


用語意味
PASVモードFTPのやり方の一つで、必要な2本の糸電話を2つともクライアントさんからサーバさんに投げる方式
ACTIVEモードFTPのやり方の一つで、必要な2本の糸電話を1つはクライアントからサーバに、もう1つをサーバからクライアントに投げる方式

似ているところ


どちらもFTP接続に関する用語です。FTP接続のやり方を示します。


違うところ


PASVモードでは、データ転送用の線をクライアントからサーバに渡します。つまり、線を二本ともクライアントからサーバに渡すのです。


「PASVモード」と「ACTIVEモード」の違い1

ACTIVEモードでは、データ転送用の線をサーバからクライアントに渡します。つまり二本の線のうち一本をクライアントからサーバに、もう一本をサーバからクライアントに渡す形です。


「PASVモード」と「ACTIVEモード」の違い2

個人的な使い分け


特別な事情が無い限り、PASVモードを使います。


備考


昔はACTIVEモードしか無かったのですよ。ところがどっこい、いろいろ不都合が生じたので、PASVモードが生まれました。


スポンサーリンク