[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「メインフレーム」と「サーバ」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
メインフレームパソコンさんのような小型コンピュータが生まれる前に主流だった、大型のコンピュータシステム
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ

似ているところ


どちらもコンピュータです。そして、サービスを提供しています。


違うところ


個人的な理解ですが「サーバ」は本来「役割」を表す言葉だと考えています。(※1


「メインフレーム」と「サーバ」の違い

一方の「メインフレーム」は「コンピュータの種類」を指す言葉です。


「メインフレーム」と「サーバ」の違い2

ですから、サーバとメインフレームは、同列に並ぶ言葉ではないと考えています。

例えば「メインフレームはサーバである」と言ってもおかしくはないでしょう。
メインフレームはサービスする側のコンピュータですからね。

一方「サーバはメインフレームである」と言うのは間違いです。
普通のパソコンだってサーバになれますからね。すべてのサーバがメインフレームなわけではありません。

「役割」を表す用語と「コンピュータの種類」を表す用語、それがサーバとメインフレームの違いだと考えています。


個人的な使い分け


メインフレーム(昔主流だった、集中管理型の大型コンピュータシステム)はメインフレーム、それ以外はサーバです。
「メインフレーム」と呼ばれる種類のコンピュータは「メインフレーム」と呼びます。
それ以外のサービスを提供する役割を持つコンピュータは、すべて「サーバ」と呼んでいます。


備考


※1:「サーバ機」のような形で、コンピュータそのものに対して「サーバ」という表現を使う場合もありますが、それは「サーバとしての役割を果たすことに特化してチューニングされたコンピュータ」との理解です。もっと端的に言えば「サーバとして頑張れるように改造されたパソコンさん」のイメージですね。


スポンサーリンク