[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「無線LAN」と「Wi-Fi」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
無線電波や赤外線などでビビビーって通信すること

それぞれの用語の意味


用語意味
無線LAN無線を利用してインターネットをできるようにする仕組み
Wi-Fi無線LANのブランド

似ているところ


どちらも、無線LANに関する用語です。
また「無線LAN」と同じ意味で「Wi-Fi」と言う人もいます。


「無線LAN」と「Wi-Fi」の違い

違うところ


「Wi-Fi」は無線LANのブランドです。本来、同列に語られるものではありません。無線LANというカテゴリの中に、種類の一つとしてWi-Fiがあるイメージです。


「無線LAN」と「Wi-Fi」の違い2

個人的な使い分け


特別な事情が無い限りは「無線LAN」と呼ぶようにしています。
「Wi-Fi」と表現するのは、相手が「無線LAN」の意図で「Wi-Fi」と言っている場合か、規格のお話をしているときだけです。


備考


本来の意味で言えば、無線LANとWi-Fiは全然別ものです。
「Wi-Fi」は無線LANの中の一つのブランドであり「『Wi-Fi』を名乗ってる奴等同士は、作ってるところが違ってもやり取りできるよ~」を示しています。

無線LANにはいろいろな規格があり、規格が違うもの同士はやり取りできません。
これは不便ですよね?「こっちとそっちは同じ規格かな?やり取りできるのかな?」と悩むことになります。

「Wi-Fi」というブランドを名乗る機器は「Wi-Fi」の規格に沿っているのです。
「Wi-Fi」の規格に沿っている機器同士は、作っている会社が違ってもやり取りできます。
つまり「こっちとそっちは同じ規格かな?やり取りできるのかな?」と悩む必要がなくなります。

これは便利ですよね?

そう考える人が多かったのでしょう。
「Wi-Fi」ブランドが無線LAN業界を席巻しました。

その結果「無線LAN=Wi-Fi」というイメージを持つ人が多くなり「無線LAN」と同じ意味で「Wi-Fi」と言う人が増えたのです。


スポンサーリンク