[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コマンド「useradd」と「adduser」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
コマンドコンピュータに対する「これやれよっ」って命令
シンボリックリンクUNIXLinuxの「Windowsで言う『ショートカット』みたいなもの」
ユーザ使う人。使って良い人
OSパソコンさんの人格に相当するソフト

それぞれの用語の意味


用語意味
useradd【コマンド】ユーザを追加するときに使うコマンド
adduser【コマンド】ユーザを追加するときに使うコマンド

似ているところ


どちらも、UNIX系のOSでユーザを追加するときに使うコマンドです。


違うところ


CentOSの場合は同じです。「adduser」は「useradd」のシンボリックリンクになっています。
Ubuntu、FreeBSDでは「useradd」がコマンドにパラメータを与えてユーザを作るのに対して「adduser」は対話形式(質問に答えていく形)でユーザを作れます。
「useradd」は言われたことを的確にやるけど言わない限り余計なことはやらないイメージです。「adduser」は簡単に設定できるようにあれやこれやと世話を焼いてくれるイメージになります。


個人的な使い分け


私が使うのはほとんど「useradd」コマンドです。「adduser」コマンドは使ったことありません。
ユーザ追加等の大事そうな作業は、コマンドをメモ帳とかに書いて確認した後にコピペで実行するので、対話形式だと勝手が良くないのです。


スポンサーリンク