[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「Web サービス」と「Web API」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
Webインターネットの世界

「Web サービス」と「Web API」の違い

それぞれの用語の意味


用語意味
Webサービスインターネットを使って提供されているサービス
Web APIインターネットの線を経由してやり取りする、その機能との窓口部分(に関する決まり事)

「Web サービス」と「Web API」の違い2

似ているところ


どちらも、Webの世界で提供されているものです。インターネットの線を経由して、やり取りします。


「Web サービス」と「Web API」の違い3

また、Web APIを指して「Webサービス」と表現している場合もあります。
あるいは「Webサービス(Web API)」のような表記を見かけることもあるでしょう。
その場合は、WebサービスとWeb APIを同じ物として、あるいはWeb APIをWebサービスの一要素として扱っています。


違うところ


状況によって同じ物として扱っている場合もありますが、ニュアンスは違います。
Webサービスは、インターネットの世界で提供されているサービス全般です。
一方のWeb APIは、プログラムから使用することを前提とした、Webサービスとの窓口です。

ゆるく捉えれば「Web APIはWebサービスである」と言えます。
ただし「WebサービスはWeb APIである」とは、必ずしも言えません。

例えば、今あなたがご覧になっているわわわIT用語辞典は、Webサービスです。
ですが、Web APIではありません。
強引に使えば使えないことは無いですが、本来の用途として、外部のプログラムとのやり取りは許容していないからです。

「Web APIはWebサービスであると言えるが、Webサービスは必ずしもWeb APIとは限らない」と覚えてください。


個人的な使い分け


Webで公開されているもののうち、プログラムから呼び出して使うことが前提になっているものは「Web API」、人間様が使うことが前提になっているのは「Webサービス」と呼ぶようにしています。

Web APIを「Webサービス」と呼ばないのは、紛らわしくなるからです。
それに「サービス」って聞くと、何となく人間様向けな気がしません?


スポンサーリンク