[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「クライアントサーバシステム」と「Webシステム」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
WebサーバホームページWebサービスを置くサーバ
Webブラウザインターネットを見るときに使うソフト

それぞれの用語の意味


用語意味
クライアントサーバシステム実務担当の親玉コンピュータと接客担当の子分コンピュータが連携してお仕事をしているシステム
Webシステムインターネットを使うシステム

似ているところ


どちらも、実務担当の親玉コンピュータと接客担当の子分コンピュータが連携してお仕事をするシステムです。Webシステムの場合は、Webサーバが親玉コンピュータ、Webブラウザが子分コンピュータに相当します。


違うところ


本来の意味で言えば、Webシステムはクライアントサーバシステムの仲間です。「Webシステムはクライアントサーバシステムである」と言えるでしょう。
クライアントサーバシステムとWebシステムを同列で並べて比較している場合は、子分コンピュータの種類が違います。Webシステムは子分コンピュータがWebブラウザです。クライアントサーバシステムは子分コンピュータがWebブラウザではありません。


「クライアントサーバシステム」と「Webシステム」の違い

個人的な使い分け


Webシステムそのものだけを指して「クライアントサーバシステム」とはあまり呼びません。Webシステムは「Webシステム」です。Webシステム以外のクライアントサーバシステム、あるいはWebシステムを含むクライアントサーバシステムを指して「クライアントサーバシステム」と呼んでいます。


スポンサーリンク