[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「IaaS」と「PaaS」と「SaaS」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
インフラ「メインじゃないけど、それがないと話にならねーよ」な基盤となる設備や要素
プラットフォームそいつを動かすための土台となる環境

それぞれの用語の意味


用語意味
IaaSサーバ回線などのいわゆる「インフラ」に分類される部分を、インターネット越しに使えるようにしてくれるサービス
PaaSサーバやOSデータベースなどのいわゆる「プラットフォーム」と呼ばれる部分を、インターネット越しに使えるようにしてくれるサービス
SaaSソフトウェアを、インターネット越しに使わせてあげるよサービス

「IaaS」と「PaaS」と「SaaS」の違い1

似ているところ


どれも、何かをインターネット越しに使わせてくれるサービスです。「進化したレンタルサーバーサービス」と呼んでも良いかも知れません。


「IaaS」と「PaaS」と「SaaS」の違い2

違うところ


何を使わせてくれるかが違います。
IaaSはインフラを使わせてくれるサービスです。
PaaSはプラットフォームを使わせてくれるサービスです。
SaaSはソフトウェアを使わせてくれるサービスです。


「IaaS」と「PaaS」と「SaaS」の違い3
スポンサーリンク