[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「SSIDステルス」と「ANY接続拒否」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
無線LAN線の代わりに電波を使って通信するやり方
無線LANアクセスポイントパソコンさんから飛んできた無線LANの電波を受け取る機械
SSID無線LANアクセスポイントに付ける名前
ESSID無線LANアクセスポイントに付ける名前
ANY接続無線LANにおける接続のやり方のひとつで「おっ、こいつは電波をビビビーっと元気よく出してるから使えそうだな!」な無線LANアクセスポイントを自動で探して接続するやり方。一般的には、接続先として指定する無線LANアクセスポイントの名前を空欄、もしくは「Any」にしておくとANY接続になります。

それぞれの用語の意味


用語意味
SSIDステルス無線LANアクセスポイントの機能(というか設定?)のひとつで、無線LANアクセスポイントが自分のSSID(ESSID)を教えなくなる機能
ANY接続拒否無線LANアクセスポイントの機能(というか設定?)のひとつで、ANY接続を拒否する機能

似ているところ


どちらも無線LANアクセスポイントの機能(というか設定?)です。
どちらも(実際に効果があるかは別にして)無線LANのセキュリティを高める目的で設定されます。


違うところ


機能としては、まったくの別物です。

SSIDステルス:自分のSSID(ESSID)を通知しなくなる機能
ANY接続拒否:接続先が空欄もしくは「Any」になっているやつからの接続(Any接続)を拒否する機能


です。
混同されがちな理由については「備考」欄の「■備考その2」にて説明します。


備考


■備考その1
無線LANアクセスポイントさんが出す「俺は、ここにいるぞー!」な叫びを専門用語で「ビーコン」と言います。
今回「SSIDステルスって何よ?」を調べたところ

発信するビーコンにSSID、ESSIDを含めない(隠ぺいする)

という説明と

発信するビーコン信号を停止する機能

という説明が見つかりました。

「結局、ビーコンは発信されるの?それとも、されないの?」と混乱しましたが

1.「俺は、ここにいるぞー!」は叫ぶけど名前は名乗らない
2.「俺は、ここにいるぞー!」な叫び自体を止める


の2種類(実際には3種類?)あるようです。
そして、どちらも「SSIDステルス」と表現されているようです。

■備考その2
ややこしいことに、SSIDステルスを意図して「ANY接続拒否」や「ANY接続拒否(SSIDステルス)」のような表現を使う人もいます。

おそらく

SSIDを隠す
 ↓
ANY接続するときの一覧に表示されない
 ↓
実質的に、これはANY接続を拒否する機能と言えるね


な発想なのでしょう。

さらにややこしいことに

ANY接続 □許可する

のような設定項目があって、許可しない(許可するをチェックしない)と

1.ビーコンを発信しない(SSIDステルス)
2.ANY接続を拒否する(ANY接続拒否)


の2つの設定がされる場合もあります。
この設定項目を指して「ANY接続拒否」と表現している人もいます。

まとめると

1.「SSIDステルス」と「ANY接続拒否」は別の機能
2.「SSIDステルス」は無線LANアクセスポイントが自分のSSIDを通知しない機能
3.「ANY接続拒否」は接続先が空欄や「Any」になっている接続(ANY接続)を拒否する機能
4.「SSIDステルス」を意図して「ANY接続拒否」と表現する人もいる
5.ANY接続を許可しない設定(ANY接続を拒否する設定)をすると「SSIDステルス」と「ANY接続拒否」の2つの設定がされる場合がある


です。


スポンサーリンク