[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「SSID」と「ESSID」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
無線LAN無線を利用してインターネットをできるようにする仕組み
無線LANアクセスポイントパソコンさんから飛んできた無線LANの電波を受け取る機械

それぞれの用語の意味


用語意味
SSID無線LANアクセスポイントに付ける識別子(名前)
ESSID無線LANアクセスポイントに付ける識別子(名前)

似ているところ


どちらも、無線LANアクセスポイントに付ける識別子(名前)です。


「SSID」と「ESSID」の違い

違うところ


SSIDがパワーアップしたのがESSIDです。
ESSIDの頭の「E」は「Extended(拡張した)」の「E」です。つまりSSIDを拡張したのがESSIDってことですね。


「SSID」と「ESSID」の違い2

個人的な使い分け


あまり使い分けは意識していません。
現在は「SSID」と呼んだ場合も「ESSID」のことを表している場合がほとんどです。資格試験の勉強をしているなどの理由で厳密に違いを意識する必要がある場合は別ですが、日常生活を送る分には気にしなくて構いません。
どちらかといえば「ESSID」と呼んだ方が正確なので、こだわり派な人は「ESSID」呼びで統一してください。


スポンサーリンク