[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「レンタルサーバ」と「オンラインストレージ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ
オンラインネットワークにつながっている状態
ストレージデータをしまっておく箱

それぞれの用語の意味


用語意味
レンタルサーバレンタルサーバ会社さんと契約することによって、主にインターネット経由で使わせてもらえるサーバ
オンラインストレージインターネット経由で使える、データを入れておく箱。もしくは、それを貸し出すサービス

似ているところ


どちらもインターネット経由で使える「場所」です。
また、どちらもファイル置き場にできます。


違うところ


用途と設備が違います。

レンタルサーバ:貸事務所
オンラインストレージ:貸倉庫


のイメージです。

レンタルサーバで借りるのは「サーバ(コンピュータ)」です。
借りたサーバは、(規約の範囲内で)好きに使えます。
Webサーバとして使ったりメールサーバとして使ったりできます。

一方、オンラインストレージで借りるのは「ファイル置き場」です。
基本的には、ファイルを置くことと取り出すことしかできません。
Webサーバとして使ったりメールサーバとして使ったりは、できません。


個人的な使い分け


レンタルサーバをファイル置き場としても使っています。
オンラインストレージは使っていません。


備考


私のようにレンタルサーバをオンラインストレージとして使う人もいますけどね。
基本的には用途が違います。

レンタルサーバ:コンピュータを借りる
オンラインストレージ:ファイル置き場を借りる


です。
そして、用途の違いに応じて用意されている設備が違います。


スポンサーリンク