[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「2段階認証」と「2要素認証」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
認証「おまえ誰?」を確認する作業

それぞれの用語の意味


用語意味
2段階認証IDパスワード」+「送られてくる合言葉」で認証するやり方
2要素認証「本人のみ知っていること」「本人のみ持っている物」「本人の特徴」の3つの要素のうち、2つを確認することで行う認証のやり方

似ているところ


どちらも認証のやり方です。
「おまえ誰?」を確認する作業です。


「2段階認証」と「2要素認証」の違い1

また、どちらも2回認証します。
何かで認証した後で何かで認証するやり方です。


違うところ


何を使って認証するかが違います。

2段階認証は

1.IDとパスワード
2.送られてくる使い捨て合言葉


の2つを使って認証します。

それに対して2要素認証は

1.本人のみ知っていること
2.本人のみ持っている物
3.本人の特徴


のうち、2つ(以上)を使って認証します。


備考


2段階認証は

1.IDとパスワードを使った認証をする
2.1の認証がOKだったら登録されている連絡先に合言葉が送られる
3.2で送られた合言葉を使って認証をする


やり方です。

一方の2要素認証は、いろいろなやり方があります。
一例を挙げれば、銀行のATMが2要素認証です。
銀行のATMでお金をおろすときは

1.「キャッシュカード」を入れて
2.「暗証番号」を入力する


ことで本人確認を行います。

キャッシュカードは「本人のみ持っている物」です。
暗証番号は「本人のみ知っていること」です。
3つの要素のうち2つを使って身元確認していますね。


スポンサーリンク