[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「2DCAD」と「3DCAD」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
2D2次元のこと
3D3次元のこと
CADコンピュータを使って設計すること、あるいは、設計するときに使うソフトCADソフト)のこと

それぞれの用語の意味


用語意味
2DCAD図面を書いたりなんだりの平面的な設計をコンピュータを使ってやること、もしくは、そのときに使うソフト
3DCAD3Dモデルを作ったりなんだりの立体的な設計をコンピュータを使ってやること、もしくは、そのときに使うソフト

似ているところ


どちらもCADです。
コンピュータを使って設計すること、もしくは、そのときに使うソフトを指します。


「2DCAD」と「3DCAD」の違い1

違うところ


設計内容が平面か立体化の違いです。

2DCADは設計内容が平面です。
例えば、図面を書いたりするときに使います。
その気になれば紙と鉛筆でもできる設計です。


「2DCAD」と「3DCAD」の違い2

それに対して3DCADは立体です。
3Dモデルを作ったりするときに使います。
こちらは紙と鉛筆ではできません。
例えば粘土とかを使ってやるような設計です。


「2DCAD」と「3DCAD」の違い3

備考


「CAD」は「Computer Aided Design(コンピュータ・イーディド・デザイン)」もしくは「Computer Assisted Design(コンピュータ・アシスティド・デザイン)」の省略です。
日本語では「コンピュータ支援設計」などと呼ばれます。


スポンサーリンク