[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「電子署名」と「電子証明書」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
電子署名コンピュータの世界のハンコ。主に他の人に送るファイルにくっつけるデータで、そのファイルの正当性を証明するもの
電子証明書コンピュータの世界の印鑑証明みたいなもの。コンピュータの世界における「どこかの誰かが発行した身元証明書」

似ているところ


どちらも何かの正当性を証明するためにあるデータです。



違うところ


いろいろ違いますが、大雑把に言えば

電子署名:ハンコ
電子証明書:身元証明書(印鑑証明)


のイメージです。

電子署名は「コンピュータの世界のハンコ」です。
ファイルにポンッ!と押すことで、そのファイルの正当性を示します。

例えば、ピヨ太君がピヨ太ファイルにハンコを押したとしましょう。
このハンコに相当するものが電子署名です。


「電子署名」と「電子証明書」の違い1

さて、ここで、ちょっと考えてみてください。
ハンコを押したピヨ太君は本物でしょうか?
実はピヨ太君の振りをした悪い人だったりしませんかね?


「電子署名」と「電子証明書」の違い2

おっと、大丈夫なようです。
ピヨ太ママが「こいつは確かにピヨ太よ」と身元を保証してくれました。
疑り深い人のためにピヨ太ママは「こいつは確かにピヨ太よ」な身元証明書を発行してくれました。


「電子署名」と「電子証明書」の違い3

この身元証明書が電子証明書です。

いまいち、ピンと来ない人は

電子証明書は第三者に発行してもらう必要がある

と覚えてください。
電子証明書は身元証明書です。
誰かに証明してもらう必要があります。

それが電子署名との大きな違いです。

先ほど

電子署名:ハンコ
電子証明書:身元証明書(印鑑証明)


と例えました。

ハンコは、その気になれば自分で作れますよね。
いざとなったらジャガイモに名前を掘れば良いのです。

ですが、印鑑証明は自分で作れません。
いろいろ手続きをして役所で発行してもらう必要があります。

そんなイメージです。


「電子署名」と「電子証明書」の違い4

備考


実際には電子証明書も自作できます。
自作した電子証明書や、そもそも身元保証しているやつの身元自体が怪しい証明書は「オレオレ証明書」と呼ばれたりします。
オレオレ証明書は、保証はされているけど保証元が怪しいから結局何の保証にもならない電子証明書です。


「電子署名」と「電子証明書」の違い5
スポンサーリンク