[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ROM」と「RAM」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
メモリ何かを記憶しておく部品

それぞれの用語の意味


用語意味
ROM中のデータを読めるけど、中にデータを書き込めないメモリ
RAM中のデータを読めるし、中にデータを書き込めるメモリ。「メモリ」と言われて一般的に思い浮かべるであろうメモリ

似ているところ


どちらもメモリです。
何かを記憶しておく部品です。


「ROM」と「RAM」の違い1

違うところ


書き込みできるか否かの違いです。

ROMは読み取り専用のメモリです。
書き込みができません。
例えば、昔のゲームソフトなんかに使われていたメモリはROMです。
ゲームソフトはゲーム機で内容を読み取れます。
ゲームの内容を書き換えることは(普通は)できません。
読み取り専用です。


「ROM」と「RAM」の違い2

一方のRAMは書き込みもできるメモリです。
例えば、パソコンのメモリなんかはRAMです。
パソコンのメモリは、メモリの内容を読み書きできますよね。


「ROM」と「RAM」の違い3

備考


Read Only Memory(リード・オンリー・メモリ)」の略で「ROM」です。
Random Access Memory(ランダム・アクセス・メモリー)」の略で「RAM」です。


スポンサーリンク