[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「コンティンジェンシープラン」と「BCP」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
コンティンジェンシープラン「ヤバいことが起こったら、被害を抑えるために、こんな対応をしようぜ~」な計画
BCPヤバいことが起こったときに、どうやって事業を続けるかの計画

似ているところ


どちらもヤバいことが起こったときに備えて立てておく計画です。
災害や事故、事件、その他もろもろの「あっ、これってヤバいんじゃね?」な出来事に対して「もしヤバいことになったら、こうしよう!」を考えておきます。


「コンティンジェンシープラン」と「BCP」の違い1

違うところ


目的や観点が違います。

コンティンジェンシープランは「どうやって被害を抑えるか」が観点です。
それに対して、BCPは「いかにして事業を続けるか」が観点です。

例えば、ピヨピヨカンパニーの自社ビル「ピヨピヨカンパニービル」に隕石が激突したとしましょう。
ピヨピヨカンパニービルは、ぐっちゃぐちゃになりました。


「コンティンジェンシープラン」と「BCP」の違い2

コンティンジェンシープランで定めておくのは、例えば

・社員はピヨ太君の元に集まって指示を仰ぐ
・ボロボロなビルに入ると危ないから、自宅待機とする
・お客さまにはピヨ太君が事情を説明する


などです。
「やっべーことになったなぁ」に対して「どうやって被害を抑えようかね?」を考えた計画です。

それに対して、BCPでは

・ピヨ太君の自宅を仮のオフィスにする
・ピヨ太君の自宅は狭いから、社員はそれぞれの自宅で仕事をする
・お客さまにピヨ太君が事情を説明して支援をお願いする


のようなことを決めておきます。
「やっべーことになったなぁ」に対して「どうやって事業を続けるようかね?」を考えた計画です。

計画の内容自体は被る部分も多々ありますが、観点が少し違います。


備考


BCPは「Business Continuity Plan(ビジネス・コンティニュイティ・プラン)」を省略した用語です。
日本語で「事業継続計画」と表現される場合もあります。


スポンサーリンク