[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「通信」と「伝送」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
通信情報を伝えること
伝送信号とかデータを送りつけること

似ているところ


どちらも、情報を相手に伝える行為です。
「伝える」という点が同じです。
というか、実質的に同じ意味の用語として使っていることが多いと思います。


「通信」と「伝送」の違い1

違うところ


ニュアンスが違います。
あくまで私の理解ですが、通信は「やり取りする」なニュアンスです。
それに対して、伝送は「送りつける」なニュアンスです。


「通信」と「伝送」の違い2

例えば「相手通信する(相手やり取りする)」や「相手伝送する(相手送りつける)」といった使い方をします。
「相手通信する(相手やり取りする)」や「相手伝送する(相手送りつける)」といった表現には違和感を覚えます。


個人的な使い分け


基本的には「通信」という表現を使っています。
「伝送」という表現は、あまり使いません。
専門外の方にとっては「通信」の方がイメージしやすいだろうからです。
どっちでも同じようなものですしね。

ただし「伝送路」だけは普通に使います。
何となく「通信路」よりも「伝送路」の方が一般的な用語のような気がしています。


備考


本ページに記載した内容は、あくまで私の理解です。
人によって言うことが違ったりもするので「これが絶対の正解だ!」とは言えません。
あくまで「ひとつの解釈」と理解してください。

ちなみに、どちらを使えばいいか迷った場合は「通信」を使う方が無難だと思います。


スポンサーリンク