[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ライセンス認証」と「アクティベーション」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ライセンス「そのソフト、使っていーよ」な権利
認証「おまえ誰?」ってのを確認すること

それぞれの用語の意味


用語意味
ライセンス認証「おまえは、このソフトを使ってOKなやつ?」を確認される作業
アクティベーションライセンス認証と同じ意味。あるいは、ライセンス認証することによって、ソフトの機能制限を解除して、すべての機能を使える状態にすること

似ているところ


どちらも「おまえは、このソフトを使ってOKなやつ?」の確認作業が発生します。
完全に同じ意味と捉えて

ライセンス認証 = アクティベーション

と解釈している人もいます。


「ライセンス認証」と「アクティベーション」の違い1

違うところ


厳密に考えれば、用語の意味は異なります。
ライセンス認証は「認証」です。
アクティベーションは「制限の解除」です。

違いますよね?

ただし、普通はライセンス認証をすることで機能制限が解除されます。

よって

ライセンス認証 ≒ アクティベーション

と解釈しても、かまいません。
どちらも作業後は同じ状態になります。


個人的な使い分け


私自身は、ライセンス認証とアクティベーションを区別しています。

ライセンス認証:ライセンスの認証
アクティベーション:機能制限の解除


との理解です。

「認証」を意図している場合は「ライセンス認証」と表現します。
例えば「ライセンス認証では、この情報を使ってね(認証するときは、この情報を入れてね)」といった言い方です。

「制限の解除」を意図している場合は「アクティベーション」と表現します。
「あ~、その機能はアクティベーションしないと使えないね~(その機能は制限を解除しないと使えないね)」のような使い分けです。


備考


ぶっちゃけ、あまり神経質になる必要は、ありませんけどね。
「いやいや、それはライセンス認証ではなくてアクティベーションだよ」なんていう野暮なツッコミをする人は、そんなに多くないと思います。

てか、もし私がそんなツッコミをされたら「うるせーなー。そんな細かい違いの前に気にするべきところがあるだろ」と心の中で罵りつつ「はい!勉強になりました!」と無表情で答えます。

スポンサーリンク