[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「職務経歴書」と「ポートフォリオ」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
職務経歴書自分が今までにやってきたお仕事の内容を一覧化してまとめたもの
ポートフォリオ自分が過去に手がけた作品の作品集。実績や能力を評価できるもの

似ているところ


どちらも「俺は、こんなにスゴいヤツだぜ~!」とアピールするための媒体で、過去の実績を示すものです。


違うところ


並べると分かりやすいでしょうか。
ざっくり書くと

職務経歴書:お仕事履歴
ポートフォリオ:作品集


です。

職務経歴書は「自分は、こんな仕事をやってきました~」をまとめた資料です。
「こんな歴史を歩みました」な内容が書いてあります。


「職務経歴書」と「ポートフォリオ」の違い1

それに対して、ポートフォリオは「こんな物を作りました~」な作品集です。
自分のやった作業の「成果」を確認できるものです。


「職務経歴書」と「ポートフォリオ」の違い2

備考


ポートフォリオは、Webデザイン関連の話で、よく出てきます。
また、ポートフォリオには「自分の持っている資産(の割合)を一覧化したもの」のような意味もあります。


スポンサーリンク