[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「業務経歴書」と「職務経歴書」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
業務経歴書自分のお仕事履歴をまとめたもの
職務経歴書自分のお仕事履歴をまとめたもの

似ているところ


どちらも、自分が今までにやってきたお仕事の内容を一覧化してまとめたものです。
「俺は、こんなにスゴいヤツだぜ~!」とアピールするために使われます。
ほとんどの場合において「業務経歴書」と「職務経歴書」は同じ意味で使われています。


「業務経歴書」と「職務経歴書」の違い1

違うところ


「業務」と「職務」の違いです。

業務経歴書:やった「業務」について書く
職務経歴書:やった「職務」について書く


です。

……という説明を読んで「『業務』と『職務』の違いって何よ?」と思いませんか?
私もイマイチ違いが分かりません。
調べても人によって言ってることが違ったりしました。

ということで

「業務経歴書」と「職務経歴書」は実質的に同じ意味

と捉えてOKです。
ほとんどの場合、使い分けされていないのが実情です。


個人的な使い分け


特に根拠はありませんが、何となく「職務経歴書」の方が馴染みがあります。
よって、特に指定がない場合は「職務経歴書」という表現を使っています。


備考


もしかしたら、あなたは「いやいや、俺は『業務』と『職務』の違いをバッチリ完璧に理解しているよ!」と言うかもしれません。
ですが「業務経歴書が~」とか「職務経歴書を~」とか言ってる相手も、その違いを理解して使っていると言えるでしょうか?
きっと言えないはずです。

世の中には「業務」と「職務」の違いを理解し「業務経歴書」と「職務経歴書」を呼び分けている人もいます。
ですが、そんなのは少数派です。

きちんと使い分けている人が出てきたら、その人に「どっちに何を書けば良いですか?」と聞いてください。


スポンサーリンク