[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「水平対称棒グラフ」と「ピラミッドグラフ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
グラフパッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの
棒グラフ数字を四角い棒の長さで表現するグラフ
水平棒グラフ棒が横に伸びている棒グラフ

それぞれの用語の意味


用語意味
水平対称棒グラフ軸が真ん中にあって、左と右に(水平に)棒が伸びている棒グラフ
ピラミッドグラフ水平対称棒グラフのこと。あるいは、下に行くほど棒が長くなる水平対称棒グラフのこと

似ているところ


どちらも「左と右に(水平に)棒が伸びている棒グラフ」です。
2つのグラフは同じものだと解釈する人もいます。

水平対称棒グラフ = ピラミッドグラフ

との解釈です。


「水平対称棒グラフ」と「ピラミッドグラフ」の違い1

違うところ


区別する人は、見た目がピラミッドみたいになっている水平対称棒グラフを「ピラミッドグラフ」と呼んでいるようです。

下に行くほど棒が長くなる水平対称棒グラフ = ピラミッドグラフ

との解釈です。


「水平対称棒グラフ」と「ピラミッドグラフ」の違い2

個人的な使い分け


個人的には区別していません。

水平対称棒グラフ = ピラミッドグラフ

と解釈しています。


スポンサーリンク