[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「集合棒グラフ」と「重ね合わせ棒グラフ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
グラフパッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの
棒グラフ数字を四角い棒の長さで表現するグラフ

それぞれの用語の意味


用語意味
集合棒グラフ1つの項目に対して複数の棒が並んでいる棒グラフ
重ね合わせ棒グラフ1つの項目に対して複数の棒が、ちょっと重なって並んでいる棒グラフ

似ているところ


どちらも「1つの項目に対して複数の棒が並んでいる棒グラフ」です。
ぶっちゃけ、グラフの見た目の微妙な違い以外は全部同じです。
グラフで表現される内容も同じです。
グラフの見た目も、ほとんど同じです。


「集合棒グラフ」と「重ね合わせ棒グラフ」の違い1

違うところ


グラフの見た目が、ちょびっとだけ違います。
集合棒グラフは、棒が横に並んでいます。棒同士は重なっていません。
重ね合わせ棒グラフは、横に並んだ棒が少しだけ重なっています。


「集合棒グラフ」と「重ね合わせ棒グラフ」の違い2

個人的な使い分け


特に指定がなければ集合棒グラフを使います。
表現できる情報が同じで見た目も大差ないくせに、Excelとかで作ると、重ね合わせ棒グラフの方がひと手間余計にかかるからです。


スポンサーリンク