[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ASPサービス」と「SaaS」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ASPソフトウェアをインターネット越しに使わせてやるぜ!サービスを提供している人とか会社

それぞれの用語の意味


用語意味
ASPサービスソフトウェアをインターネット越しに使わせてやるぜ!サービス
SaaSソフトウェアをインターネット越しに使わせてあげるよサービス

似ているところ


コンセプトが同じです。
どちらも

ソフトウェアをインターネット越しに使わせてあげるよサービス

です。


「ASPサービス」と「SaaS」の違い1

違うところ


具体的な仕組みや使われている技術が違います。
イメージは「パワーアップした」ASPサービスがSaaSです。
技術の進歩によって、あんなことやこんなことができるようになり、あんなことやこんなことを盛り込んだASPサービスが「SaaS」と呼ばれています。


備考


歴史的な背景として、どこかの誰かがソフトウェアをインターネット越しに使わせてあげるよサービスを始めました。
その呼び名は「ASPサービス」です。

画期的な試みではあったのでしょうけどね。
技術的な部分が追い付かなかったりなんだりで、残念ながらASPサービスは「おぉ、これはイケてるじゃん!」とは、なりませんでした。
しょんぼり。

ところが、ですね。

技術というのは進歩するものです。

技術の進歩によって、ASPサービスはパワーアップしました。
その結果「おぉ、これはイケてるじゃん!」になったのです。

でもな~。
「ASPサービス」って名前は印象が良くないよね?
昔、失敗しているし、イメージが悪いじゃん。

そう思ったのか何なのか、パワーアップしたASPサービスに対して新しく「SaaS」という名前を付けました。

ですから、ASPサービスとSaaSのコンセプトは同じです。

ソフトウェアをインターネット越しに使わせてあげるよサービス

です。

ただし、SaaSは「パワーアップした」ASPサービスです。
「昔はできなかったけど、技術の進歩によって、できるようになったこと」が盛り込まれています。

コンセプトに注目すれば「ASPサービスとSaaSは同じだよ」な説明になります。
やりたいこと、やれることは一緒だからです。

仕組みや使われている技術に注目すれば「ASPサービスとSaaSは違うよ」な説明になります。
技術の進歩を盛り込んだASPサービスを「SaaS」と呼んでいるからです。


スポンサーリンク