[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「コンテンツフィルタリング」と「URLフィルタリング」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
URLホームページの住所

それぞれの用語の意味


用語意味
コンテンツフィルタリング(ホームページの中身を判断基準にして)見せたくないホームページを見せない行為・機能・仕組み
URLフィルタリングURLを判断基準にした、見せたくないホームページを見せない行為・機能・仕組み

似ているところ


どちらも「見せたくないホームページを見せない行為・機能・仕組み」です。
エロエロなホームページとか仕事に関係ないホームページとかを遮断します。


「コンテンツフィルタリング」と「URLフィルタリング」の違い1

違うところ


何を元にして「見せたくない」と判断するかが違います。

コンテンツフィルタリングは「ホームページの中身」を判断基準にして、見せてOKなホームページかNGなホームページかを判断します。
キーワードに「エロエロ」を指定しておき、ホームページの内容に「エロエロ」の文字が含まれていたら表示しない、のような流れです。

一方のURLフィルタリングは「ホームページの住所(URL)」を判断基準にして、見せてOKなホームページかNGなホームページかを判断します。
キーワードに「eroero」を指定しておき、URLに「eroero」の文字が含まれていたら表示しない、のような流れです。


備考


「見せたくないホームページを見せない行為・機能・仕組み」自体を指して「コンテンツフィルタリング」と解釈する人もいます。
その場合は、コンテンツフィルタリングのやり方のひとつとしてURLフィルタリングがあるイメージです。


「コンテンツフィルタリング」と「URLフィルタリング」の違い2
スポンサーリンク