[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「デジタル署名」と「デジタル証明書」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
暗号化特定のルールに従って、データをぐちゃぐちゃにすること
公開鍵暗号方式みんなにばらまく公開鍵)と自分だけが持っている鍵(秘密鍵)の2つを使って暗号化を実現する方式
電子署名コンピュータの世界のハンコ

それぞれの用語の意味


用語意味
デジタル署名コンピュータの世界のハンコ。公開鍵暗号方式の仕組みを利用した電子署名
デジタル証明書コンピュータの世界における、どこかの誰かが発行した身元証明書。コンピュータの世界の印鑑証明みたいなもの

似ているところ


字面が似ています。
あと、どちらもデジタル署名の話で登場します。


違うところ


デジタル署名はハンコのイメージです。
コンピュータの世界の書類(ファイル)にポンッ!と押すことで、その書類の正当性を示します。


「デジタル署名」と「デジタル証明書」の違い1

デジタル証明書は身元証明書です。
デジタル署名(ハンコ)の話で出てきた場合は、印鑑証明のイメージになります。


「デジタル署名」と「デジタル証明書」の違い2

備考


デジタル署名はハンコです。
デジタル証明書は印鑑証明です。

デジタル署名とデジタル証明書をくっつけることで「信頼性の上がったデジタル署名」になります。
「ハンコだけ」より「ハンコ+印鑑証明」の方が偉そうなのと同じです。


「デジタル署名」と「デジタル証明書」の違い3

私は

1.コンピュータの世界のハンコが「電子署名」
2.公開鍵暗号方式を使った電子署名が「デジタル署名」
3.コンピュータの世界の印鑑証明が「デジタル証明書」


と理解しています。


スポンサーリンク