[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「業務委託契約」と「準委任契約」の違い

スポンサーリンク

※留意事項


2017年に「民法を改正するよ!」が決まりました。「実際に改正したよ!」になるのは2019年ごろの予定らしいです。それに伴い、請負契約とか準委任契約における責任の範囲や支払いに関するあれやこれや等が結構ガッツリと変わるようです。本ページに記載されている内容は改正前の情報を元にしています。改正後のあれやこれやについては、他のところで勉強してください。


予備知識


用語意味
請負契約成果物の完成に対して責任と報酬が発生する契約形態

それぞれの用語の意味


用語意味
業務委託契約請負契約とか準委任契約を指す俗称
準委任契約作業の実施に対して責任と報酬が発生する契約形態

似ているところ


どちらも、お仕事における契約形態です。
人によっては、準委任契約を意図して「業務委託契約」と言ったりします。


違うところ


業務委託契約は請負契約や準委任契約を指す「俗称」です。
「業務委託契約」という用語に法律上の定義はありません。
何となくの雰囲気と慣習で使われている用語です。

それに対して準委任契約は「こんな契約ですよ」と法律で定義されています。
作業の実施に対して責任と報酬が発生する契約形態です。


個人的な使い分け


基本的には相手の使い分けに合わせています。
例えば「請負と業務委託、どっちが良い?」と聞かれたら「業務委託」を「準委任契約」と解釈します。
「業務委託契約書にサインしてね」と言われたら、請負か準委任契約か確認します。


備考


実際には混同されていることも多々ありますが、用語の意味的には

請負契約 or 業務委託契約

では、ありません。

請負契約 or 準委任契約

であり

業務委託契約 = (請負契約 or 準委任契約)

です。

単に「業務委託契約」だけでは

1.請負契約
2.準委任契約
3.それ以外の契約


のどれを指しているか判断できません。

契約書のタイトルも

・請負契約の場合→業務請負契約書
・準委任契約の場合→業務委託契約書


のような区別をしている会社もありますし

・請負契約の場合→業務委託契約書
・準委任契約の場合→業務委託契約書


のように一緒くたにしている会社もあります。
あるいは、ちょっとズルい会社だと、事実上の派遣っぽい契約内容を「業務委託契約」と表現している場合もあります。

契約書とかで出てきたら、実際の中身をしっかり確認してください。
最低でも

1.請負契約
2.準委任契約
3.それ以外の契約


のどれを意図しているかは確認する必要があります。


スポンサーリンク